高額療養費・一部負担還元金(窓口負担が一定の額を超えたとき)

1ヵ月に医療機関の窓口で支払った自己負担が、下記の限度額を超えた場合、その超えた分を「高額療養費」として受けることができます。

トプコン健保では、自己負担をさらに軽くする独自の給付(付加給付)を行っているため、最終的に被保険者(本人)および被扶養者(家族)にかかる自己負担限度額は、原則として25,000円になります。

自己負担限度額
区分 1ヵ月あたりの自己負担限度額 多数該当





83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
53万円~79万円 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
28万円~50万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,000円
26万円以下 57,600円 44,000円
低所得者(住民税非課税者) 35,400円 24,600円

※多数該当・・・高額療養費として払い戻しを受けた月数が直近12ヵ月間で3月以上あったとき、4月目から自己負担限度額が引き下げられます。

高額療養費・一部負担還元金のしくみ

高額療養費が支給されるまでには時間がかかります。あらかじめ申請して「限度額適用認定証」の発行を受けていれば、病院窓口での負担を高額療養費の自己負担限度額までにすることができます(70歳未満の方)。

医療費が高額になりそうなときは、トプコン健保までご申請ください。

高額療養費・一部負担金を受けるための手続き
原則自動払いのため手続き不要

※ただし市町村より医療助成を受けたとき等はトプコン健保までご連絡ください。